本文へ移動

沿革

沿革

1966年

   6月資本金100万円にて(株)安西製作所を設立、穀物関係の選別機の製造及び販売を開始。
日商岩井(株)を通じ、米国マンドレル社のPNEU-MATIC SEPARATORの技術提供を行ない、その製造及び販売を開始。

1968年

   6月比重選別機を開発。製造及び販売を開始。

1970年

   8月電子色彩選別機の開発に成功し、製造及び販売を開始。

1985年

   6月ランドソーターの開発に成功し、製造及び販売を開始。

1987年

   6月米国安西を設立。サンフランシスコに本社を開設し、営業を開始。

1989年

   1月台湾安西工業股份有限公司を設立。台北に本社を開設し、営業を開始。
マイコン内蔵型色彩選別器を開発。製造及び販売を開始。
   3月CCDカメラ搭載ベルト式色彩選別機の開発に成功、製造及び販売を開始。

1991年

   2月北海道支店を北海道芽室町に開設、操業を開始。

1992年

   10月カビ豆選別機(Q-SORTER)製造及び販売を開始。

1995年

   5月異物・色彩同時選別機GDMの開発に成功、製造及び販売を開始。

1997年

   5月特殊3CCDカメラ搭載の選別機BLCの開発に成功、製造及び販売を開始。
上海事務所を開設。
   10月磁力による石取り機マグネットストーナーの開発に成功、製造及び販売を開始。

1998年

1999年

   8月特殊カメラ搭載の異物除去機、FMCの開発に成功。

2000年

   5月米用色彩選別機RDMシリーズの開発に成功、製造及び販売を開始。 
   6月
ISO9001の登録組織に(株)アルソマックエンジニアリングを追加
●登録者 :(株)安西製作所本社 (株)安西総業 (株)アルソマックエンジニアリング
●登録範囲: 各種選別機の設計・開発・製造・据付け及びメンテナンスサービス

2002年

   1月本社工場にてPECトヨタ生産方式採用。
   4月世界初低アミロ小麦を選別除去する専用の選別機の開発に成功、製造及び販売を開始。
   12月豆用裂皮除去機の開発に成功、製造及び販売を開始。
色彩・異物選別機UCの開発に成功、製造及び販売を開始。
北海道支店にてポルフ(工場革新実践プログラム)採用。

2003年

   4月豆用裂皮選別機RP-30の開発に成功、製造及び販売を開始。

2004年

   2月世界初 小麦グレードアップ選別機Auシリーズの開発に成功、製造及び販売を開始。
   3月緑茶用異物除去選別機BLMシリーズの開発に成功、製造及び販売を開始。

2005年

   3月緑茶茎取り用色彩選別機YACSシリーズの開発に成功、製造及び販売を開始。
   4月米用色彩選別機HCシリーズの開発に成功、製造及び販売を開始。
   11月米用色彩選別機AZシリーズの開発に成功、製造及び販売を開始。
米用色彩・異物選別機AGシリーズの開発に成功、製造及び販売を開始。
   12月本社 新事務所竣工(534.59㎡)

2006年

   12月本社 新ショールーム竣工(208.00㎡)

2007年

   6月粉体用色彩選別機PSシリーズ、そば用色彩選別機BS-01、近赤外付ベルトタイプ色彩選別機BLD-300T5、 新型異物専用選別機RSC-550の開発にそれぞれ成功し、国際食品工業展に出展。
ISO9001の登録組織に(株)安西製作所北海道支店を追加。

2008年

   4月320ch色彩・異物選別機HMシリーズ(HYPER MAX)の開発に成功、製造および販売を開始。
   7月異物専用選別機レスキューソーターの開発に成功、製造および販売を開始。

2009年

   2月次世代型穀物用異物専用選別機N-RSCの開発に成功、製造及び販売を開始。
   6月超小型色彩選別機AKシリーズの開発に成功、製造及び販売を開始。

2010年

   8月AK-350「選り助」が『千葉ものづくり認定製品』に認定される。
LEDを採用した小型色彩選別機LG-40Dの開発に成功、製造及び販売を開始。
LEDを採用した色彩・異物選別機LHシリーズの開発に成功、製造及び販売を開始。

2011年

   4月LEDを採用した次世代型ベルトタイプフルカラー色彩選別機LEO-300の開発に成功、製造及び販売を開始。
   11月第45回(平成23年度)『グッドカンパニー大賞』 優秀企業賞を受賞。
北海道支店が工場革新実践プログラム「PPORF(ポルフ)」銀賞を世界で9番目に受賞。

2012年

   4月千葉市元気企業に認定。
   11月平成24年『九都県市のきらりと光る産業技術』を受賞。

2013年

   10月北海道工場(支店)拡張工事完了、増産および塗装品質向上の体制を確立。

2014年

   3月LEOシステムを採用したシュート式色彩選別機LEO-DCシリーズ(Hyper LEO Sorter)の開発に成功、製造及び発売を開始。
   5月コーヒー豆の選別に特化した超小型色彩卓上選別機Lファント(BS-01)の開発に成功、製造及び販売を開始。
   10月RGBSを採用したシュート式カラーシステム色彩選別機RGBシリーズ(トリニティ)の開発に成功、製造及び販売を開始。
   11月本社事務所棟屋上に太陽光発電システムを導入。(容量:47.04kw、年間発電量見込:50,218kwh)

2015年

   3月レオソーターへの特徴認識プログラム『+Fプログラム』搭載に成功し、オプション設定を開始。
   12月LEDを採用した異物除去専用選別機LRCシリーズ(LEDレスキューソーター)の開発に成功、製造及び販売を開始。
   12月ベルトタイプのカビ豆選別機MKB-300の開発に成功、製造及び販売を開始。

2016年

   7月昇降機を3本内蔵した色彩・異物選別機LG-60シリーズ(オプティマソーター)の開発に成功、製造及び販売を開始。
   7月穀粒品質判定機GI-256の開発に成功、製造及び販売を開始。
   9月フルカラー色彩・異物選別機LCシリーズ(ネオ・ハイパー)の開発に成功、製造及び販売を開始。

2017年

   4月レオソーターシリーズに全方位から選別対象の観察を可能としたLEO-300V4の開発に成功、製造及び販売を開始。

2018年

   2月LED照明に粉体専用CCDカメラを搭載したLPS-305(LEDパウダーソーター)の開発に成功、製造及び販売を開始。

2019年

   6月近赤外の透過スペクトルを利用したベルト式カビ豆選別機LEO-MKシリーズの開発に成功、製造及び販売を開始。
   12月小型ベルト式フルカラーデジタル選別機LEO-150の開発に成功、製造及び販売を開始。

2020年